投稿者:

強迫性障害と遺伝子の関係を発見!治療薬開発に一歩前進か



強迫性障害と遺伝子の関係性がnatureで発表されたようです!

これは、面白いですね〜。

遺伝的バリアント(遺伝的変異体)と強迫性障害の発症に関係があるようです。

その人の性格も多少は関係してくるかもしれませんが

心の病気も遺伝子で分かるようになれば、生まれてきたときからケアができるようになるかもしれませんね!

楽しみです!

 

以下、その論文のサマリーです!

 

【遺伝学】強迫性障害に関連する遺伝子

Nature Communications

2017年10月18日

Genetics: Genes linked to obsessive-compulsive disorder

遺伝子解析が行われた結果、強迫性障害(OCD)に関連するヒトの遺伝的バリアントが複数発見されたことを報告する論文が、今週掲載される。今回の研究では、これらのバリアントの影響を受ける遺伝子と神経経路が精密に特定された。こうした遺伝子を単離して特徴解析を行うことは、OCDの生物学的基盤の解明とOCDの治療法の開発に役立つ可能性がある。

OCDは、非常に遺伝性の高い神経精神疾患で、脳裏に侵入してくる思考、そして、時間を浪費する反復行動を特徴とする。OCD患者は世界中で8000万人を超えており、大部分の患者の症状は現在利用可能な治療法で緩和することができない。これまでにヒト、マウス、イヌを対象とした研究が行われて、OCDに関係している可能性のある複数のバリアントが明らかになっているが、ヒトについては具体的な遺伝子とバリアントの検証は行われていない。

今回、Huyn Ji Nohたちの研究グループは、608個の候補遺伝子の塩基配列データの解析を行って、ヒトの症例でOCDと強く関連する4個の遺伝子を見いだした。これらの遺伝子は、OCDに関連する神経経路(セロトニンとグルタミン酸のシグナル伝達経路とシナプス接続の経路など)で作用し、こうした経路が治療標的となる可能性が示唆されている。今回の研究で得られた知見は、強迫行動の生物学的基盤に関する新たな手掛かりをもたらしている。

引用:natureasia.com(http://www.natureasia.com/ja-jp/life-sci/research/12225

コメントを残す

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ