投稿者:

AIアナリストの申請が2回も却下!その原因と対策とは?



こんにちは!

 

みちです。

 

先日、AIアナリストに申請してみました!

 

「AIアナリストが気になる!アクセス分析が苦手な人でも無料で使えるツールを紹介」参照

 

と報告しましたが、2回ほど、あなたのサイトは分析できません!

 

と言われてしまいました。

 

結論から言うと、サイトの規模が小さいことが問題でした。

 

AIアナリストを導入できる目安として

 

年間の訪問者数が10000以上、コンバージョン数が100以上に換算されていないといけないそうです。

申請した時の訪問数だと、年間4000ぐらい、コンバージョンも30ぐらいだったと思います。

おかげさまで、10000以上、コンバージョン数が100以上は達成できそうです。

 

あと、コンバージョンの設定がうまくできていなかったのも原因のようです。

 

実は申請したときは、特に設定していませんでした!笑

 

コンバージョンとはWebの場合は成果という意味です。

 

コンバージョンの設定は、販売サイトだと、購入ボタンをクリックorサンクスページが表示されたら

 

学校や説明会、不動産とかだと資料請求の申し込みボタンをクリック、orサンクスページ

 

会員サイトだと、会員の申し込みがあったか、

 

などがコンバージョンの設定になるかと思います。

 

僕のサイトの場合、広告のクリック数と表示回数がコンバージョンになリます。

 

Googleアドセンスにイベントトラッキングを埋め込めば測定できるはずだよな〜、でもアドセンスならそんなことしなくてもアナリティクスが測定してくれないかな〜、今度確認しよう!と思って終わっていました!笑

 

簡単に調べただけですが、やっぱりイベントトラッキング設定しないとできなそうですね…

 

う〜ん、めんどい!笑

 

ページビューだけでコンバージョンの設定はできますが、AIアナリストは認めてくれるんですかね?

ということなので、せっかくなので試してみます!

 

AIアナリスト的には、何度も申請されて迷惑かもしれませんが、ものは試しです!

1セッションあたり、3ページの回遊があればコンバージョンという設定にしています。

結果が楽しみですね〜。

 

申請が却下されたときよりも流入が増えていますし、なんとか分析してほしいところです。

 

僕に届いたメールでは、AIアナリストが分析可能なサイトの条件は以下のようです。

 

  • データ量が分析目安(Desktop/Mobileいずれか 年間換算訪問数10,000、コンバージョン数100程度)に到達しているサイト
  • 購入、お問合せ、資料請求、ダウンロードなど、コンバージョンが明確なサイト
  • サイト上に複数のページがあり、ページ遷移のあるサイト
  • GoogleAnalyticsの設定が正常に行われているサイト

とのことです!

AIアナリストの申請が却下された人は、訪問者とコンバージョンを増やす、コンバージョンの設定を明確にする、ということが大事のようですね。

皆さんも参考にしてみてください

 

AIアナリストのサイトはこちら

AIアナリスト「WACUL(ワカル)」

 

コメントを残す

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ